いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう

いぼは病院で必ず手術を

女医

いぼが出来たら、自己判断せずに医療機関へ相談しましょう。そうする事でいぼの原因や種類を特定し、適切ないぼ手術が行えます。また、いぼの発症は年齢に関係なく子供でも発症する事があります。お子さんを守るためにも、いぼに対する意識を持ちましょう。

詳しく見る

いぼを見分けるには

医者

いぼは色んな部分に出来ます。特に足裏に出来てしまえば、それが魚の目かタコかいぼか見分けがつきにくいでしょう。適切な判断が出来るように、3つの違いをまとめたので判断に悩む方は参考にして下さい。

詳しく見る

悪性のいぼに注意

看護師

いぼによっても悪性のものがあります。痛みがないなどの理由でいぼをそのまま放置すると、最悪の場合がんに繋がる可能性があります。悪性のいぼを見つけたら、早めにいぼ手術をうけましょう。悪性のいぼにはどんな特徴があるかお伝えします。

詳しく見る

首いぼのトラブルについて

医者と看護師

首は意外と人目に触れやすい場所なのでしっかりケアしたいものですね。しかし、日に当たりやすい首元は紫外線の影響を受けやすく、首いぼが出来やすいんです。そんな首いぼに関するトラブルが起こった場合、どのようないぼ手術が適しているかお教えします。

詳しく見る

いぼの発生を防ぐには

女性

いぼが出来ると、手術費用がかさんでやっかいです。いぼの発生を抑えるためにも、大切なのは日頃のケアです。いぼの発生を防ぐための方法をご説明します。また、いぼが出来た場合にどうすれば良いかもまとめました。

詳しく見る

いぼの治療法をご紹介

女性

自分に合ういぼの治療法を選ぼう

スキンケアの方法が色々あるように、いぼを治療するのにも色々な方法があります。治療によって特徴が変わりますが、大切なのは自分に合っている治療法かどうかです。例えば、早く治療を終えたいのに、内服薬を用いた治療法では長期的な治療が必要です。しかし、痛みを感じる手術だと、手術前も不安で受けようとは思えませんね。しかし、いぼによっては悪性の物もあるため、早めの受診や治療が勧められています。ただ、いぼが出来ても不安でなかなか行動に移せない場合もあるでしょう。
そこで「気になるいぼが出来たものの、手術方法が不安でいぼを治せない」なんて方に向け、おすすめのいぼ治療法をそれぞれご説明していきます。手術の特徴を知る事で、クリニックに受診する際もリラックスしてカウンセリングを受ける事が出来ますよ。

注射を使用した治療法

いぼを取り除くとなると、大きな機械を使用した物をイメージするかもしれませんね。しかし、患部に注射を施すのみでいぼを治療する方法があります。「これだけでいぼが治るの?」と疑問に思いますよね。ですが、いぼを取り除くための薬品が患部に確実に届き、いぼを固めてくれます。そして、固まったいぼがぽろっとカサブタのように剥がれ、いぼの除去をスムーズに行ってくれます。そして、この注射による治療法がより効果的なのが、ウイルス性のいぼの除去です。ウイルスが皮膚に残った場合、再び発症する恐れがあります。また、ウイルスが皮膚に残ったままプールなどに入ると、他の人に感染するリスクもあります。しかし、薬品を直接皮膚に届ける事で、ウイルスを制御してくれます。しかも、メスを使用するわけではないので、肌を大きく傷つけません。また、短時間で終える事が出来て、手術後はお風呂にも入れます。いぼを効率よく除去したいと感じたら、注射を用いた治療法を検討してみましょう。

液体窒素でいぼを取り除く

液体窒素を用いたいぼ治療は、長年使用される治療法です。長く用いられる治療法ではありますが、気軽に液体窒素を用いる事は出来ません。専門の医師のみ治療が可能です。液体窒素は、約マイナス196度の低温で取り除きます。いぼの部分に液体窒素を当て、いぼの細胞を壊し働きを止め治療します。かなり低い温度なので、いぼ治療が初めての方にとっては痛みや怪我の心配があるかと思います。低温やけどによるいぼを治療するため多少の痛みはありますが、痛みが気になる方は局部麻酔を行える場合もあります。
また、液体窒素による治療法は、許可を受けた者でなければ使用する事は出来ません。なので、ぞんざいな治療を行う医師が対応する事はないでしょう。さらに液体窒素によるいぼ治療は、保険を適用する事も可能なので安心です。とはいえ、クリニックを適当に選んでしまえば手術が失敗するリスクも大きくなります。液体窒素を用いたいぼ治療を考える際は、カウンセリングでしっかり疑問点を解消したうえ手術を行いましょう。

どんないぼもレーザーで除去が可能

液体窒素はいぼによる治療法の中でもスタンダードであり、使用の症例数も多くあります。ただ、低温やけどを起こす治療法ですので麻酔が不使用であれば痛みは避けられません。治療法により痛みが気になる場合は、レーザーを用いた治療法を考えてみると良いでしょう。レーザーには、炭酸ガスが使用されます。ウイルス性のいぼは根元から取り除き、ウイルス性でなければ盛り上がった部分のみ取り除きます。治療法によっては、いぼの種類によっていぼを取り除けないケースもあります。しかし、レーザーによる治療法は、いぼの種類に関係なく切除が可能です。優れた点が多いレーザー治療ですが、デメリットもあります。それは、技術力が医師によって異なる点です。経験不足や丁寧に手術を行えない医師であれば、肌を傷つける恐れがあります。そうなってしまえば、かえって手術による傷が増えてしまうという結果になってしまいます。レーザー治療は便利な方法でありますが、患者自身がクリニック選びやカウンセリングを妥協しない事が大切です。そうすれば、確実に患部を治療し、いぼを治す事が出来るでしょう。

Copyright© 2019 いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう All Rights Reserved.