いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう

悪性のいぼに注意

看護師

いぼは悪性の物もアリ

いぼは、目立った場所に出来ない限り自分では気づきにくいものです。また、いぼが出来ても痛みを感じない場合もあるため、そのままにする方が多いです。しかし、いぼにも良性のものと、悪性のものがあります。もしも悪性のものを長らく放っておいてしまえば、最悪のケースに繋がる事があります。悪性のものだと、がんの細胞を持つ可能性があるのです。ただ、どのいぼが悪いいぼか判断がつきにくいですよね。もしもいぼが出来た場合、すぐに判断が出来るように危害のあるいぼと、そうでないいぼを説明していきますね。まず、良性のいぼであれば、肌の色に近いか、茶色をしています。しかし、悪性のいぼのは、黒く濃い色をしています。「黒いとホクロと似ているのではないか」と思うかもしれませんね。ですが、悪性のいぼの場合はサイズが大きく、しかも急激に大きくなるのが特徴です。特に1㎝近いサイズで黒いいぼが出来たなら、悪性のいぼである確率が高まります。いぼがこの状態になると、いぼを除去するまで時間がかかってしまいます。いぼの手術において、手術方法や痛みが気になり切除するのが怖いと気が引けるなんて場合もあるかもしれません。ですが、今は手術の仕方も色んな方法があり、自分で最善の方法を選べます。また、痛みを抑えるために局部麻酔の使用を選択出来る病院もあります。いぼの状態を自分では良性か悪性か判断しづらい場合もありますから、まずは医師に相談する事が大切です。専門家の医師が、診察で丁寧にいぼの状態を見て、手術法や適したケアやアドバイスを行うでしょう。早めに原因を特定しする事が、今後の健康にも繋がります。いぼに気付いたら、出来るだけ早いうちに医療機関へ相談に向かいましょう。

Copyright© 2019 いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう All Rights Reserved.