いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう

いぼを見分けるには

医者

いぼ、魚の目、タコを見分ける

いぼとよく似ているのに、「魚の目」と「タコ」があります。どれも同じように見えるこの3タイプ。特に足の裏に出来てしまった場合、どれがどれか混乱してしまうかと思います。
万が一出来てしまった場合判断がしやすいように、見分け方を軽くご紹介します。
まずは「魚の目」から。魚の目は、盛り上がった中心に、芯のようなものが見られます。これが魚の目に見えます。芯が固く神経も通っているため、歩き出すと痛みが生じます。魚の目は、皮膚に角質たまり固くなる事で出来てしまいます。タコが出来る原因も、魚の目と似ていて、皮膚に角質がたまる事で生まれます。しかし、タコは魚の目と違い芯が出来ないので、痛みがないのが特徴です。
最後に、いぼの原因です。いぼにはウイルス性のあるものと、そうでないものがあります。ウイルス性を持つものは、外傷によって皮膚から体内にウイルスが侵入する事で発症します。ウイルスを持ついぼは人へ移るケースもあるため、すぐに手術する事が望ましいです。また、ウイルスを持たないいぼの多くは、紫外線が原因で発症します。生活する中、外の光を多く浴びる機会が多かった方はいぼが出来る可能性が増えます。いぼは患部に複数出来る事があり、いぼによって痛みがあるものやないものがあるため、放置する方も少なくありません。ですが、いぼかと思いきや悪性の腫瘍だった、なんてケースもありますので要注意です。もしいぼ手術を行いたいと感じた場合、クリニック選びは重要です。確かな実績を持つか、いぼの手術に特化しているかチェックして下さいね。
魚の目、タコ、いぼの判断が出来ない場合、迷わず専門の医師に相談してみましょう。どれも命を脅かすものではありませんが、早めに手術を行う事でより快適な生活を送る事が出来るでしょう。

Copyright© 2019 いぼ手術でいぼを改善し、スベスベ肌を手に入れよう All Rights Reserved.